ワードプレス

閲覧できません (Forbidden access)が表示されるケース

ワードプレスを使用していると様々なトラブルに遭う事があります。
経験則上、サーバーを変えた時に予期せぬ事が起きますよね。
今回は、閲覧できません (Forbidden access)が表示されて、どのように対処してのかをご説明いたします。

閲覧できません (Forbidden access)

現在使用しているサーバーは、ConoHa WINGです。
他のサーバーでは閲覧できません (Forbidden access)は表示された事は無いので、一つ一つ原因を探っていきましたがわかりませんでした。
散々、格闘の末にコンフォータブル編集部に連絡したところWAF設定が原因でした。
知っていたようで、私の悪戦苦闘した時間は何だったのでしょうか?笑

それでは、実際にConoHa WINGの管理画面のどこにWAF設定があるのか説明します。

1.管理画面にログインしてサイト管理をクリックします。
サイト管理をクリック
 

2.該当ドメインに切り替えます。
該当ドメインに切り替え
 

3.サイトセキュリティをクリックします。
サイトセキュリティをクリック
 

4.WAFをクリックします。
WAFをクリック
 
5.利用設定をオフにします。
利用設定をオフ

ここで、WAFオフにしている間に「閲覧できません (Forbidden access)」が表示された原因になっていた作業を行います。
私の場合は、元々インストールしていたAddQuicktagに新しい設定を追加する作業でした。
なぜ、「閲覧できません (Forbidden access)」が表示されたのかはわかりません。
ここで、作業が完了したら必ずWAFはオンに戻しましょう。

WAFはセキュリティ対策に必要なのかは下記SecurityTIMESさんに詳しく説明されています。
https://www.shadan-kun.com/blog/measure/1395/

閲覧できません (Forbidden access)のエラーが出た時に初めての経験で少し焦りましたが、セキュリティ対策の為に必須のようで、逆にConoHa WINGに対する信頼度が増しました。
表示スピードが早いのは良い事ですし、早いだけではなくセキュリティの意識も高いサーバーです。
現在お使いのサーバーに不満があるなら乗り換えも検討してみてはどうでしょうか?
国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

実は、今はキャンペーン中で、ドメインがサーバーを借りていれば1個は永久無料です。
更に10個が1年間無料なのです。
仮に1年契約ですと月額900円(ベーシックプラン)でドメイン11個ですから、サーバー代はかなり安く抑えられますね。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA